Home中医学

中医学

子宝を授かるには、「お塩」が大切。

中医学では、赤ちゃんを授かるためには男性も女性も、「腎」が元気であることが大切。

腎とは、一言でいうと、「下半身のエネルギー」「生命力」

腎が弱いと、新しい生命が生まれにくいのです。

そして、このような症状の原因となります。

一生懸命に妊活しているあなた。

もしかして、「減塩」していませんか?

お塩は、腎を元気にしてくれます。

塩には、実は「良い塩、悪い塩」があるのです。

食塩、精製塩、塩化ナトリウムは、化学精製物です。

身体に必要な微量ミネラルも入っていません。

このお塩は、「後者」

母なる海から採れた自然の塩、天日海塩は、腎を助けます。

このお塩は「前者」

まずは、お塩を替えて下さい。そして

欲しいだけ摂ってみて下さい。

たったそれだけで、身体は変わります。

冷え、甘い物がやめられない、毎日イライラ。

これらは「ちゃんとした塩」が足りていないんですよ。

詳しくは、いつでもお問い合わせ下さいね。

 

 



Copyright© 夕張郡長沼町の子宝・不妊症相談|くすりのこばやし All Rights Reserved.