Home妊活中の方の養生, 赤ちゃんが欲しい > 子宝に恵まれるには、お塩を摂ろう。

子宝に恵まれるには、お塩を摂ろう。

皆さんは、家庭ではどんなお塩をお使いですか?

普通の食塩?岩塩?伯方の塩?赤穂の天塩?

もしかしたら、健康のために「減塩」してるかたも

いらっしゃるかもしれませんね。

結論から言います。

減塩はしたらダメですよ。

中医学では、塩味は「腎」の働きを助けます。

腎の働きとは、言い換えれば生命エネルギーの貯蔵庫。

このエネルギーがあって初めて、新しい命が宿ります。

腎が弱ると、男性は精力減退、元気な精子が少なくなる。

女性は、子宮の疾患、ホルモン失調、不妊症の原因に

「血圧が高めだから、塩分控えめに」なんてのは

まったくナンセンス。塩分を控えて血圧が下がった例は殆どありません。

じゃあ、どんな塩が良いのか?

食塩、精製塩は使うのをやめましょう。

赤ちゃんができるために必要な微量ミネラルがなく、

味も刺さるようなキツイ味。

お勧めしているのは、天日海塩。

母なる海のミネラルが、人の身体に合うように調整されています。

火にかけず、太陽の下で天日干ししてますので、陽のエネルギーがいっぱい

詰まっている。そしてなにより「美味しい」身体が喜ぶお塩です。

誰もがすぐにできる、簡単なことは、まずお塩を替える事なんですよ。

天日海塩は、全国に発送しています。

お塩って、身体にとっても大切なんですよ~~

 




コメントを書く







コメント内容




Copyright© 夕張郡長沼町の子宝・不妊症相談|くすりのこばやし All Rights Reserved.